fc2ブログ

はじめまして

我々にしまっちと熊ちゃんは、
タイトルで50音を制覇すべく、
切磋琢磨してこのブログを続けてみようと思います。

kumachan.jpg
熊ちゃんは「お家にあるものの写真」を、まじめにあ行から順番にスタート、

nishimacci.jpg
にしまっちは「思い入れのある出来事」を、できそうな行からてきとうにスタート。

ホッカイロのような暖かい目で、完遂までお見守りいただけますと幸いです。

の日みた夢を

つか実現するために

しろを敢えて振り返り

んぴつを握りはじめたあの頃を

もい出しながら…


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



うん・えん・かん

「ん」に悩んでいるあいだに、熊ちゃんに先を越されてしまいました!

さていよいよこれが最後のお題。
西町の50音ラストは、 うん・えん・かん で行きますよ~
ちょっと長いけど、よろしくお付き合いください。



人生に「」って大事だと思うんですよ。

お恥ずかしい話ですが、私はここ数年とくに、
運を頼って綱渡り的に生きている気がしていまして。
宝くじが当たる!とかいう直接的なラッキーに遭遇するというわけではないのですが、
後から考えて、あれはびっくりするぐらいにタイミングが良かった、
などと思うことがちょくちょくあります。
有難いことに、運に助けられているのだと思います。

人生というのは面白いもので、
嘘みたいにトントン拍子に道が開けるときもあれば、
どれだけ努力しても、運が巡ってこなくてそれが報われないってことも必ずあると思います。
運って大事。


では運はどこから巡ってくるのか。

私、運を連れてくるのは「」だと思うのです。人の縁。
もちろんすべてがそうではないけれど、運は人の手とか口とかを借りてやってくる、って
みなさん心当たりありませんか?

たまたま電話を取ってくれた人のおかげで就職先が決まったとか。
たまたま隣に座った人が貴重な情報をくれたりとか。

みんながそうかはわかりませんが、私の場合、ものごとが進展するときは、
大抵人に出会ったあとです。縁って大事。


じゃあ、あとひとつ、「」はなんなのか?

文字通り勘ですよね。
こっちに行くといい気がする!とかぎ分ける嗅覚とでも言うのでしょうか。
どちらにしようかな、行こうかなやめようかなと迷った時に、
最後に頼るのは結局、直感だと思います。迷えば迷うほど、考えても決まらなくなるもの。
その時に背中を押してくれるのが勘です。

当然、逆の場合もあります。
よくない空気を感じとるのも勘です。
なんとなくこの先は近寄らない方がいいぞ、というのを察知することはむしろ、
より重要なのではないでしょうか。そう、勘って大事ですね。

で、じゃあその勘はどう培うのかというと…
わかりません(笑)


何が言いたかったかと言えば、運と縁と勘は繋がってるなあということでした。
最後のお題は以前からこの三つのうちからどれかにしよう思っていたのですが、
どうにも決められなくて。
じゃあ繋がっているのならと三つとも書いてしまいました。


楽しくこのブログを続けられたのは、
運よく熊ちゃんという強力な相方がいたからだし、
そもそも縁あって同じ大学で出会ったからだし、
あのとき直感に従って入学前懇親会に参加しなければ、
熊ちゃんとこんなふうに長い付き合いになることはなかったかもしれない。


世の中って、そういう事象であふれていると思うんです。

茶道の精神で一期一会といいますが。
運とか縁とか勘に導かれて出会った人、出会ったもの、出会った出来事。
ひとつひとつに誠意をもって向き合っていけたら素敵だなと思います。


さてこれでこのブログは終わり。
最後のお題は「うん」と「えん」と「かん」でした!


運と縁と勘に導かれて、偶然このブログを読んでくれたみなさん。
一期一会。たとえ一瞬でも、私たちの楽しみにお付き合いいただけて幸いです。


ここまで付き合ってくれた相方、熊ちゃんに愛と感謝をこめて。
楽しかったね、ほんとありがとう!!!


「んんん~」

「ん」 

んめ!
うめ3


んみ!
0208-003江の島


んめぇぇ~
me.jpg


・・・・・・・・ええと。



最後の文字なので、気合い入れて!!
っと思っていたのに、「ん」難易度高すぎ!!
アフリカの人の名前とか、沖縄の方言とかには「ん」から始まる言葉があるみたいですが、
残念ながらわたしの家にはありませんでした。

家中の「ん」をん~ん~言いながら探しまわりましたよ。
結果、パソコンのなかの写真をじっくり吟味しながら、思い出に浸ることができましたよ。

わたし旅行がすきなんですが、(前にも言ったっけ?)
いろんなところに行ったなぁとか、ここでこんなんあったなぁとか。

これからも、いろんなところ行きたいなぁ。
にしまっちともいろんなところ行ったよね~
最近行けてないけど、また行こうぜ、にしまっち。


あとがき
これにて熊本さんの50音終わりです!!
長かったかな?思ったより短かった気がします。
ばっちりハマッた文字、なんか無理やりな文字、いろいろありましたが、
日記もろくに続かないわたしが、よく頑張ったな~と思います。
それもこれも誘ってくれたにしまっちのおかげ!
にしまっちにブログやればと言ったわたしのおかげ(笑)
楽しかったね!ほんとにね。
さぁて、最後を飾るのはにしまっちですよ!!
たのしみにしていますよん

んんん~♪

人気ブログランキングへ

「をかし2」

「を」 

ありがとうにしまっち!
「をかし」ね。いとをかし、ね!!
パクってみる!

天使の梯子は、わたしも見つけたら嬉しくなります。
神秘的なかんじが好き。

さて、いとおかし、ですね。

本日、京都水族館へ行ってまいりました。
あまり期待して行かなかったせいか、とっても良かったです。

展示の量も多からず少なからず。
さすが人工海水やから、水もきれいやし。
イルカのショーは、ほかの水族館みたいにアクロバティックではなく、☆イルカさんのご紹介☆っていうかんじで可愛かったし。



そして、、、



波間にたゆたうくらげ、いとをかし。

wokashi.jpg



意図的に作られた展示ではありますが。。。
思いがけないところで、こういうきれいなものに出逢いたい。
ドラマ流れ星を見てからというもの、クラゲ水槽の前がもっぱら癒されます。
人気ブログランキングへ
家にあるものではないですが、プリントアウトして壁に貼っておきたいくらいですのでよしとします。

をかし

正直悩みに悩んで、一周どころか10周ぐらいして基本に戻ってこれにしました。
最後の最後まで、「ヲタ」にしようか迷ったんです。

さて「をかし」とは。
日本の古典随筆の傑作「枕草子」の主題となっている古語ですね。
しみじみと趣深いことだとか。

春はあけぼの、夏は夜~

ってな感じで、気候とか自然現象とかに触れてるのが有名でしょうか。
私も高校の授業程度の知識しかないからなあ…。
で、とりあえず一般的になんか「をかし」なことってあるかなと考えたのですが、
ありましたありました。最近すごいのがあったじゃないですか!

金 環 日 食 ですよ。

国をあげての「をかし」を愛でるイベントになりましたね。
なぜか私の中でそんなに盛り上がらなくて、事前に専用のグラスを用意してなかったので
直接見ることができず、紙に穴をあけて床に写った三日月形の光を見ていました。
確かに不思議で可愛かったですね。
紙を通した光よりも、木漏れ日が全部三日月形をしていた様子が素敵でした。

そういえば現代アートで、星形の光源を設置して、
木漏れ日が全部星形をしているというものがありました。
魚とり網の網部分が、金魚すくいのポイみたいになってて、
それを振り回したら星を掬っている気分が味わえる、みたいな。
写真で見たけど、あれは幻想的だったなあ…!

どうも私は、今回のイベントに関してはテレビなどの特集とか報道をたくさん見ていて、
神秘的!っていうほうじゃなくて「みんな商魂逞しいな~~~!!」
ってほうに意識が行ってしまったようです。
専用グラスに専用アプリ、プロポーズイベントに金環メロンパン、
もうなんか、多少苦しくても乗っかれるもんは全部乗っかっとけ!!
という逞しさが素晴らしい。それでこそ商売人ですよね。

まあそんなわけで、私にとって金環日食は「をかし」ではなかったので。
では、何だったら「をかし」なのかと考えてみることにしました。


ありました。『天使の梯子』です。

村山由佳さんの有名な小説に同名のものがありましたが、
今回は薄明光線といわれる自然現象のことです。

誰しも一度は目にしたことがあると思いますが、
厚い雲の切れ間から、太陽の光が地上に柱のように降り注いで見える現象です。
『天使の梯子』という呼び名は旧約聖書に由来し、
この光の中を天使が上り下りする光景をヤコブが夢で見たから、だとか。
別名として、『ヤコブの梯子』『天使の階段』『レンブラント光線』など
様々に呼ばれているそうです。

雲の切れ間から降り注ぐ光線。

もうそれだけで宗教画のように神々しくて、なんといってもそれだけで美しいですよね。
電車で海沿いを走っているときに、よく目にします。
海上に何本も光の柱が降り注ぐ様子は、本当に神秘的。
柱が1本だけだったら、それこそ天使が降りてきそうな不思議な光景です。


海以外の場所でも素敵です。

私は学生の頃から、わりと早朝に電車に乗ることが多かったのですが、
真冬などは家を出る時間が夜明け前になることもあります。
駅で真っ赤な朝日に遭遇し、通学、通勤のあいだに日が昇っていくという。
電車に乗っている間に、だんだん明るくなってきて、
街に出てきたあたりで天使の梯子を見ることもありました。

まだ人影のないビルの谷間に、東から幾筋もの光線が降り注ぎ、
建物が長い影を地上に落としている様子は、どこか非現実のようでした。
キリコの絵のような静寂、しかしキリコに感じる午後の倦怠感のようなものは全くなく、
今まさに目覚めようとする街の姿の、清々しさがしみじみと感じられました。
あれは本当にしみじみと趣深く、まさに、いと『をかし』の情景だったなあと思うのです。

というわけで本日は、わ行から『を』。
『をかし』でした。

人気ブログランキングへ

さあ残すところ、お題はあと一つ!
ここまできたねぇ、くまちゃん!
FC2カウンター
プロフィール

nishimacci

Author:nishimacci
にしまっち:西町東
熊ちゃん :熊本文
三度の飯が大好き。
関西に住んでます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる